外資系企業のチェック項目とは?

本社の国籍を調べよう

外資系企業といっても、さまざまな国の企業があります。本国がどこなのかによって、社風や制度が全く違ってきます。本社がアメリカにある企業は、一匹狼の成果主義的な特徴が強いですし、ヨーロッパ系の企業では、プライベートにも重きを置いたワークライフバランスを重視している傾向があります。そういった会社ごとの特色や考え方を知っておくと、その企業で働き始めた後の自分の生活がどのようなものになるのかが見通せます。
また、その外資系企業がどのようにして日本に進出して来たのかもチェックしておく必要があります。外資系企業といっても海外資本が100%の会社ばかりではありません。日本の企業と共同で出資している場合もあります。その出資比率によって、人事制度や経営戦略がどのようなものになるか変わってきます。

その企業の売上高についてチェックしておく

外資系企業にせっかく就職できたとしても、業績が上がらなくて退職せざるを得ない事態になることがあると言われていますが、それ以前に会社の業績がよくないとその会社で働き続けることができません。どの外資系企業に転職するか選ぶ前に、その会社の大きさや売り上げについてチェックしましょう。
その外資系企業の日本支社の売上と本国にある本社の売上を比べてみることも必要です。外資系企業の場合は、倒産まで行かなくても、撤退するという選択肢もあるからです。
また、外資系企業での仕事の内容や役職ごとの仕事の違いについて、よく知らないまま就職活動をしている方が多くいます。日本の企業とは業務内容が違っていたりするので無理もないかもしれませんが、転職活動を始める前に必ず調べておきましょう。また、その仕事に英語力はどのくらい必要なのかも知っておきましょう。

英語で履歴書を書くことには抵抗を感じがちですが、一度書き方を覚えると色んな事に応用することができます。