外資系と日本企業の働き方の違い

仕事に対する考え方が異なる

外資系の企業と日本の会社とでは、何となく雰囲気が異なることは分かると思いますが、実際にはどのような点が異なっているのでしょうか。
まずは、仕事に対する考え方の違いです。基本的に外資系の企業というのは、仕事は個人で行うことが多く、全て自分で責任を負わなくてはいけません。個人の能力が大切になってきますので、能力が高い人ほど早く帰宅することが出来ますし、重要な仕事を任されるようになります。
日本の会社の場合は、一応個人個人に仕事は割り振られていますが、全員で協力をして何かを成し遂げようという雰囲気が満ちていますので、助け合いの精神が全面に押し出されています。助けて貰うことが出来るという安心感はありますが、余計な仕事が次々と押し寄せてくる可能性も高いと言えるでしょう。

企業に対する考え方が異なる

続いて、自分を雇ってくれている企業に対する考え方も全く異なっていると言って良いでしょう。
外資系の企業の場合には、契約的に雇用して貰っていると考えている社員が多く、自分の能力を次第で上にも行けるし、クビにもなるということを把握しています。より良い待遇の職場が見つかれば、さっと転職をしてしまうという身軽さも身に付けています。転職は何らデメリットにならないのです。
対して日本企業は、終身雇用制というものに重きを置いていますので、福利厚生から退職金制度まであらゆる付加が付いてきます。新卒を大切に育てるという風潮がありますので、有能な人材を中途採用するということが少なく、転職は多くない方が良いという考えを持つ人が大半です。

英語で面接とはその文字通り面接官と英語で受け答えをする事です。英語が流暢であればそれに越したことはありませんが、英語力がさほど高くなくても自信を持って堂々した態度で臨むと良い結果を得られるでしょう。