外資系と日本企業の体質の違い

外資系で働くメリットとデメリット

外資系で働くメリットは、自由と権利が認められているという点です。もちろん実力があればという前提がありますが、出社や退社の時間は自由であるところが多く、休暇の申請も日本のように気を遣うことなく長期でとることも可能です。人間関係もすっきりしていて、社内の飲み会などの誘いなどもありません。
デメリットとしては、実力が無いと判断された時のフォローは無いという点です。日本企業のようにチームで仕事をするという意識はなく、個人プレイがそのままダイレクトに評価につながるので、評価が低ければそのまま解雇ということも珍しくありません。また、より良い環境を求めて転職を繰り返す人も多く、上層部を含めた社員の入れ替わりが激しいので、やり方がコロコロ変わるという面もあります。

日本企業のメリットとデメリット

日本企業で働くメリットは、チームで仕事をするという意識が高く、少々仕事ができなくても育ててもらえるという点です。そもそも個人にはあまり権限がなく、そのつど上司に声を掛ける必要はありますが、その分何か問題が起きたときの責任も上司にあります。
デメリットは、自由がないことでしょうか。社員を育てるという気質が多い日本企業は、社内報告や日報などを義務付けるところも多く、部下が上司の管理下に置かれるといった体制が一般的です。そのため社内でのコミュニケーションも必須となり、花見や忘年会などの行事には欠席しにくいといった雰囲気もあります。また有給休暇などもなかなか取りにくく、退職時にまとめて精算する人が多いというのが実状です。

外資系の求人は英字新聞のウェブサイトなどに多く掲載されています。海外留学や資格取得などが採用の条件になっている場合が多いです。